昨日と同じ今日、今日と同じ明日。
世界は繰り返し時を刻み、変わらないように見えた。

本当に?

異変の裏に滲む禁忌:CodeXの存在に、もう気付きはじめているはずだ。
この場所に足を踏み入れたキミならば――

                裏切りを意味する
デクスコーデクス、それは新世界に繋げる言葉。

===================

キミの世界は瞬きの間に狂ってしまった。

いつもの空は滲んで、星空と繋がる。
見慣れた景色は途中で切り落とされて、障壁と茶色の草原の世界に繋がる。

その障壁の奥には、幾何学的な形の塔がそびえ立つ。
白色の塔は高く高く空へ伸びて終わりがないようだ。
障壁に隠蔽された空間の内側を容易に知ることはできない。

さらにその向こうには、無数の世界が、
奇妙な塔を中心として滲んで混ざり合い、
星空に繋がり飲み込まれようとしている。

――これを目にしたならば、この塔が異常の元凶であると気づかないほうが不自然だろう。

キミの前には二つの道がある。
この異常から目を背けて、残された狭い世界で生きるか、
この異常に目を凝らして、世界を取り戻すために戦うか。


「塔」

異変の中心は、間もなくそう呼ばれるようになった。
障壁の内側に潜入を試みて、帰ってこない者たちからの僅かな情報によれば、

塔には二人の司令塔がいて、
中ではCode:X(コード:エックス)と呼ばれる計画が進められていて、
その計画を進めているのは"デクス"という組織であるらしい。

キミたちが元の世界を取り戻すには、そのCode:Xを止めなければならない。

このまま計画が進行すれば一体何が起こるのか?
どうすれば「塔」の二人を打ち倒すことができるだろう?
計画を止めた後、世界は本当に元に戻るのだろうか?

キミが異変と向き合うことを決意したならば、
調査を進めながら日々を過ごし、時に"デクス"の戦闘員と戦うこともあるだろう。
キミたちの所属や立場が原因で、キミたち同士で戦うこともあるかもしれない。

世界への裏切りか、組織への裏切りか、
それとも、生きること、あるいは大切な誰かへの裏切りなのか。

選び、進むのは、キミだ。







スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。